閉じる

グループの経営理念

グループの経営理念

人財の育成を通じてお客様と社会に貢献し
時代の変化に対応できるイノベータグループを目指します。

人材は人財
社会の財産となる人を育み
未来へつなげる
社会の中で財産となる人を育む
ESなくしてCSなし
“企業は人なり”私たちがT.A.Cで、N.A.SOLで培ってきた精神、それは“社員の一人ひとりが会社の財産である”ということです。私たちの経営資源で最も大切なものは、社員です。お客様の課題を発見し、新しい価値を提供する事でご満足いただくことが私たちの仕事ですが、より高い満足を提供するには、まず私たち自身が働く満足を実感できる会社でなければなりません。スキルを磨き、成長を重ねるごとに新しいステージが開け、進歩にふさわしい対価を得られる。人材が人財としての価値を発揮できるITグループを実現するために

①グループ内での人材の相互交流を行います。
②会社全体、あるいは個人ごとに蓄えられてきたノウハウを共有資源として蓄積していきます。
③成長に応じてスキルを発揮できるステージを整えます。
顧客の課題を発見し
新しい価値を提供する

頼りにされるパートナーとして
ノウハウを駆使し、移り変わる
ニーズを的確に捉えた提案

私たちは常にIT技術を駆使してお客様の課題解決に向けたソリューションを提供しています。しかし、時代の変化はめまぐるしく、時にお客様自身の想像をも超えることがあります。そこで必要になるのが、サジェストであり提案です。まず私たちがしっかりと観察し熟知しなければならないのは、私たちのソリューションを求めている現場の業務です。お客様にとっては「ITシステムをどうするか」より先に「業務をどうするか」が重要な課題です。その業務のあり方がお客様にどんな未来をもたらすのか。私たちが注視しなければならないのはその点です。私たちはその回答を提供するために、人材を交流し、ノウハウを蓄積していきます。お客様が経験していない領域になればなるほど、その提案が重要になります。私たちはお客様に頼りにされるパートナーとなることを目指します。
環境変化へ対応できる
イノベータグループへ

経営環境は激変している
変わらなければ生き残れない
企業を取り巻く経営環境は激変しています。私たちの業界然りです。アメリカの金融問題や化石燃料価格の乱高下、新興国の景気減速などグローバル化がもたらす変化の影響を受けるのは大企業だけとは限りません。またコンシューマの低価格かつ良品質志向、嗜好の多様化やインターネットによる直接取引は、流通の概念を塗り替えました。こうした環境の変化に対応していくために、私たちは以下の取り組みを行います。

①技術領域の拡大:メインである製造、自動車だけではない多様な分野に対応
②営業圏の拡大:東京・大阪の2極集中から全国広域のITサポートへ
③ノウハウの拡大と人材の相互交流:
●社員教育・スキルアップ
●ステージアップできる就業環境づくり
●与えられる仕事から探す仕事、提案する仕事へ